VHSビデオデッキの生産が終了!ダビング用デッキの入手方法まとめ

シェアする

video-recorder

国内で唯一VHSビデオデッキを生産していた船井電機が、ビデオデッキの生産を終了しました。

昔の映像を観たいと思ったり、DVDやパソコンにダビングしようにも、VHSテープの再生機がないことにはどうにもなりません。

そこで、ダビングにも使えるビデオデッキの入手方法をまとめました。中古デッキ購入やレンタルなど、いくつか方法はあります。

  • ショッピングモールでビデオデッキを購入する
  • フリマアプリで中古ビデオデッキを購入する
  • オークションで中古ビデオデッキを購入する
  • ビデオデッキをレンタルする

上記4項目にわけてそれぞれご説明します。

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC

ショッピングモールで中古ビデオデッキを購入する

一番簡単なのが、ネットショップで中古のビデオデッキを購入することです。

Amazonや楽天に中古品が出品されています。

中古品の程度は気になると思いますが、販売しているのはほとんどがリサイクル店なので、動作チェックはしてあるはずです。少なくとも個人間売買よりは信頼できるかと思います。

主要なショッピングモールをチェックすれば、ほぼ確実に中古のVHSデッキは見つかります。

VHS・DVD一体型ならそのままダビングできます。再生専用機なら、お持ちのDVDやBDレコーダーと接続して録画します。

中古品を購入して、ダビングが終わったらフリマアプリやオークションで売る。ということをすれば、レンタルするのとほぼ同じですし、逆に利益が出ることもあります。

ショッピングモールは、Amazon、楽天、Yahooをみておけば十分かなと思います。

【Amazon】VHSビデオデッキ一覧
【楽天】VHSビデオデッキ一覧
【Yahoo】VHSビデオデッキ一覧

フリマアプリで中古ビデオデッキを購入する

メルカリに代表されるフリマアプリでも、中古のVHSビデオデッキは出品されています。

個人間売買になりますので、ネットショップに比べて不安に思う方もいらっしゃると思います。

ただ、フリマアプリは圧倒的に購入者に有利なように設計されています。

商品購入のときに支払ったお金は、いったんフリマアプリ側で預かり、商品が到着したあとに、出品者に支払われます。

つまり購入者が受け取り確認ボタンを押さなければ、出品者側に支払いはされません。

問題があれば返品、返金が可能ですので、出品側で詐欺のようなことはやりにくいシステムになっています。

おすすめのフリマアプリ

正直システム的にはどこもほぼ同じですので、出品数が多いかどうかで決めていいと思います。

メルカリ

圧倒的なのはやはりメルカリ。中古のビデオデッキも複数出品されています。

メルカリは購入時の手数料はかかりませんが、出品者は手数料を負担しています。その分、上乗せして値付けしている可能性はありますが、提示金額に納得しているなら、気にしなくてもいいですね。

メルカリ

登録するときに招待コード【FTYAQN】を入れると、登録者・紹介者ともに最大10000円分のポイントが当たるくじが引けます。なにとぞ。入力してもお互いのアカウントや個人情報などは一切わかりませんのでご安心ください。

ラクマ

楽天が運営するラクマも、メルカリには及ばないものの追随しています。購入に楽天ポイントが使えるので、ふだんからポイントを貯めている方にはいいですね。

ラクマは出品者も購入者も手数料無料です。おそらく一定のシェアを取るまではこのまま無料で行くと思います。メルカリがかなり強いので、当分手数料無料のままでしょうね。

ラクマ

登録するときに、招待コード【46cgy5Kr】を入力していただければ、登録者・紹介者ともに100ポイントもらえます。なにとぞ。時々キャンペーンで500ポイントくらいまで上がります。入力してもお互いのアカウントや個人情報などは一切わかりませんのでご安心ください。

 
メルカリもラクマも、PCのWebサイトから購入もできます。
スマホの方はアプリの方が圧倒的にラクですけどね。

オークションで中古ビデオデッキを購入する

フリマアプリの隆盛で少し下火になっている感はありますが、オークションでVHSビデオデッキを購入することもできます。

オークションはヤフオク一強ですので、ヤフオクしか選択肢はありません。

購入しても落札期限まで待ったり(即決もあります)、値段が変わるなどの手間はありますが、うまくいけば一番安く手に入れられます。ちなみに「ジャンク品」と書かれている出品物は、部品取り用の壊れたビデオデッキなのでやめましょう。

ヤフオク

オークファン

ヤフオクを使うなら、必ずオークファンで過去の落札相場を調べましょう。

オークション・フリマの落札相場なら【オークファン】

オークファンの無料の会員登録(メールアドレス)をしておけば、過去6ヶ月分の落札価格が表示されます。また、ヤフオクと連携したカンタン入札予約機能も使えます。落札時間にPCの前にいない場合、とても便利なツールです。

オークファンは、ヤフオクを使うならほぼ必須のサービスですね。

購入と出品を繰り返して、せどりで稼ぐという方は、有料のオークファンライト会員やプレミアム会員もあります。

【オークファンプレミアム会員の詳細はこちら↓】


時々ヤフオクで買い物がしたいという程度なら、無料会員で十分です。

オークファン

ビデオデッキをレンタルする

VHSビデオデッキはレンタルすることもできます。

レンタルは、個人間売買だと手続きが面倒という方におすすめです。商品がしっかりしていることもメリットですね。

VHSビデオデッキレンタルの注意点

レンタルのデメリットは、レンタル期間の間にしっかりダビングを終わらせる必要があることです。

私自身経験がありますが、ケーブルを接続しているのに映像が出ない、思ったよりダビング(特に設定)に時間がかかる、など、予期せぬトラブルが起こることがあります。

レンタルだと借りるときに日数を決めますので、トラブル対応も含めた見極めが必要です。

また、時間のとれる長期休暇は貸し出し中になっていることとが多いので、使いどころが難しいサービスです。

世間と違うタイミングで休みが取れる方や、電子機器の扱いに慣れている方にはいいと思います。

VHSビデオデッキがレンタルできるショップ

VHSデッキをレンタルしているところをご紹介します。

DMMいろいろレンタル【デジタル化商品特集】
DMMいろいろレンタルでは、再生専用機と、VHS・DVD一体型のビデオデッキをレンタルしています。

レンタルカメラショップ【映像機器DVD/VHS兼用再生デッキ】
レンタルカメラショップでは、VHSからDVDに直接ダビングできるデッキ(一体型)をレンタルしています。

レンタルとアウトドアの店 グリーンヒナタ
グリーンヒナタでは、VHSからDVDにダビングできるデッキ(SHARPシャープ DV-ACV52 レコーダー)をレンタルしています。

中古VHSビデオデッキ入手方法まとめ

私のおすすめの中古のVHSビデオデッキ入手方法は、並べた順番のとおりです。ショッピングモールで中古を購入するのが一番手軽です。

  1. ショッピングモールで中古ビデオデッキを購入する
  2. フリマアプリで中古ビデオデッキを購入する
  3. オークションで中古ビデオデッキを購入する
  4. ビデオデッキをレンタルする

今後もVHSビデオテープで見続けたいという方はまれでしょうから、ほとんどがDVDへのダビング用途だと思います。

であれば、使い終わればビデオデッキは必要ありませんので、売ってしまいましょう。

手間と価格のバランスを考えると、楽天やAmazonで購入し、フリマアプリで売るのが一番でしょうか。または最初から「フリマアプリで購入し、フリマアプリで売る」ですかね。

このあたりは、PCとスマホ、日常どちらを中心に使っているかで分かれそうです。

最安品を手に入れる可能性にかけるなら、オークション利用ですが、どうせ売ってしまうことを考えると、購入が簡単なフリマの方がいい気がします。値段交渉もできますし。

レンタルは、最初にレンタル日数を決めるのがやはりシビアですね。ダビングが大量にある場合はそもそも向きません。

以上、中古VHSビデオデッキ入手方法まとめでした。

 

大量にあって自分でダビング作業するのが面倒という方はダビングサービスを利用しましょう。費用はかかりますが、めっちゃくちゃラクです。
【公式サイトはこちら】<ビクターダビングサービス>

自身で注文して調べたダビングサービス比較と、体験記もよろしければどうぞ。

【おすすめ】DVDへのビデオダビングサービス比較(VHS・8mm・ベータ・miniDV等)
VHSや8mmビデオからDVDへのダビング、コピーは結構な時間がかかります。数が少なければ、こういうものを使って簡単に自分でパソコンに取...
DVDダビングの仕上がりに感動!ビクターダビングサービスすごい
DVDダビングを依頼していたビクターダビングサービスから、完成したDVDとVHSビデオテープの返却がありましたのでレポートです。 前回...
スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC
VHSレスポンシブPC

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です