ビデオテープの処分方法について

シェアする

vhs-videotape

DVDへのダビングが終わったビデオテープの捨て方についてです。

数が少ない場合は、VHSも8mmビデオテープもそのままゴミの日に出してしまってOKです。可燃ゴミか不燃ゴミ、またはプラスチックゴミなど、自治体によってわかれるようなので、各自治体のサイトで確認してから捨てます。

問題は処分するビデオテープの数が多い場合です。私は数が多かった実家でも100本程度でしたので、何度かにわけてゴミの日に出しましたが、500本や1,000本以上あるという方もいらっしゃるそうです。

そういった場合のビデオテープの捨て方についてまとめました。

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC

ビデオテープを売ることはできないのか?

昔はオークションや買い取り業者を利用して使用済みビデオテープが売れていましたが、今はもうほぼ期待できません。

昔のアイドルなどの出演番組を集めていた場合などは、マニアに需要があるかもしれませんが、著作権の問題もあるので、売るのは難しいでしょう。

またリサイクルも一部の自治体以外は積極的ではなく、民間の回収イベントなども以前はあったようですが、もうほとんど開催されていません。

少しもったいないとも思いますが、ここは素直にビデオテープを処分する方法を考えたほうがいいですね。

最も安くビデオテープを捨てる方法は?

一番簡単に安くビデオテープを処分する方法は、ゴミの日に出すことです。

大量にあるなら、小分けにすることで、無料でビデオテープを捨てることができます。
分別は自治体によって違います。燃えないゴミ、プラスチックゴミが多そうですが、燃やすゴミや資源ゴミなどの場合もあります。
事前に自治体のサイトをチェックして、決まった捨て方で捨てましょう。

一括して早急に捨てる必要があるなら、不要品回収業者に依頼するか、自治体のゴミ処理施設に直接持ち込む方法があります。

基本的にゴミの回収は、自治体が一番安くつきます。税金入ってますからね・・・。
ただ、普通は自分で車を用意していきますので、積み込みと積みおろしや、現地まで行く手間がかかります。

車がないならレンタカーも必要になりますので、この場合は不要品業者に回収に来てもらった方が安くつくと思います。

ビデオテープに残った個人情報の問題

昔のテレビ番組を録画したものであれば気にする方はいないでしょうが、ホームビデオであれば自分や家族が映っていますので、個人情報が気になります。

普通にゴミの日に出すと、ゴミ収集車が回収にくるまで置きっぱなしですので、他人が持ち帰ることもできます。そんなヒマなことしないだろうと思いますが、世の中には想像を超えた変な方もいますので・・・。

ビデオテープにハサミを入れるか、テープをくしゃくしゃにしてしまう方法がありますが、1本1本やるのはかなり手間です。

こちらの記事に書いたとおり、テープを切っても修復はできますしね。

DVDへダビング前に切れていたビデオテープを修理してみた
VHSや8ミリビデオテープは、物理的に切れることがあります。DVDへのダビング作業を進めていたら、切れたVHSテープが見つかったので、自...

磁気などで一気に閲覧不可にできないか調べてみましたが、ビデオテープを破壊するほどの磁気を出すものは簡単には手に入りません。

一度に確実にビデオテープを捨てたい場合は、回収業者を利用するか、自治体のゴミ処分場へ直接持ち込む方法を使いましょう。

不要品回収業者に依頼する方法

回収業者に大量のビデオテープ廃棄を依頼する場合、個人情報についてはまあ信頼するしかありません。

ただ普通にビジネスとして考えれば、パソコンなどと違って、他人の捨てたビデオテープをチェックしたところで有益な情報があるとは思えませんので、犯罪をおかしてまでやる理由はほとんどありません。ハイリスクノーリターンなので、気にしなくて大丈夫でしょう。

不要品回収業者に頼む処分費用はかかりますが、自宅まで回収に来てくれるので、一気にすっきりします。

自治体のゴミ処分場へ持ち込む方法

自分で車を用意できるのであれば、自治体のゴミ処分場に直接ビデオテープを捨てに行くことができます。

私は一度粗大ゴミを直接処分場へ持ち込んだことがありますが、非常にシステマチックで驚きました。

まず車に乗ったまま車ごとゴミの重量をはかり、粉砕場所に直接ガサーっとゴミを放り込みます。そして帰りにまた車ごと計量して、その重量差で料金を計算します。ものすごく効率的で、かかった金額も数百円でした。

上記は私が以前住んでいた自治体のやり方であって、各自治体によって方法と料金は異なりますが、大量にビデオテープがある場合、これが一番安く確実に処分できる方法です。

ビデオテープを捨てる前にダビングをしておきましょう

children

ホームビデオは家族の想い出なので、捨てずにとっておきたいVHSや8mmビデオテープもあるかと思います。

しかしビデオテープは劣化します。磁気テープが普及していた時期を考えると、もうかなり劣化が進んでいるはずです。
これ以上劣化して見られなくなるまえに、DVDやブルーレイにダビングしてデジタル化してしまいましょう。

自分でやる方法とダビングサービスを利用する方法をまとめてあります。
ビデオテープが数本なら多少の手間をかけて自分でやるのもいいですが、大量にあるなら下のダビングサービス比較ページからお好きなサービスを使う方法が絶対にいいです(経験済み)。

【全部試した】ビデオテープからDVDへダビングする方法まとめ
VHSからDVDにダビングする方法はいくつかあります。 昔撮ったVHSビデオテープって結構かさばりますよね。8mmビデオなら少しサイズは小...
【おすすめ】DVDへのビデオダビングサービス比較(VHS・8mm・ベータ・miniDV等)
VHSや8mmビデオからDVDへのダビング、コピーは結構な時間がかかります。数が少なければ、こういうものを使って簡単に自分でパソコンに取...
スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC
VHSレスポンシブPC

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です