ビデオテープからDVDへダビングする方法まとめ

シェアする

トップイメージ
VHSからDVDにダビングする方法はいくつかあります。
昔撮ったVHSビデオテープって結構かさばりますよね。8mmビデオなら少しサイズは小さいですが、それでも数があるとやっぱり場所をとります。

ビデオテープからDVDにダビングしたいと思いつつも、なかなか手をつけられず、ついそのままずるずると・・・。ありますよね。
いつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。
映像が残っているうちに、DVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。

スポンサーリンク

 

1,デッキで再生して録画

磁気テープを再生できるデッキと録画用のDVD、BDレコーダーがあるなら、すぐにできる方法です。

用意するもの

  • 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど
  • 録画機:DVDレコーダー、ブルーレイレコーダーなど
  • 映像・音声コード(赤白黄のケーブルです)
  • 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア

上記が用意できたら、再生用デッキと録画用デッキを接続します。

手順

  1. 再生用デッキの「出力」に映像・音声コードの片側を挿す
  2. 録画用デッキの「入力」にもう片方をつなぐ
  3. 再生用デッキにテープを入れ、録画用デッキにDVDを入れる
  4. テープを再生し、同時に「録画」ボタンを押して録画する
  5. 再生が終了したら、録画用デッキを「停止」する

テレビなどのモニタがある場合は、録画用デッキからモニタに「出力」してください。
映像を確認しながら録画できます。

映像・音声コードはこんなやつです。

赤白黄のコード。黄色が映像で、赤白が音声です。

2,VHS・DVD一体型レコーダーで録画する

映像・音声コードを繋ぐのが面倒、赤白黄コードなんてもう持ってないよ・・・。

そんな時は再生と録画が一台でできる、VHS・DVD一体型レコーダーを利用しましょう。この方法だとモニタも必要なくなり、再生と録画をセットすれば放っておけます。

購入する場合はこちらです。
DXアンテナ 地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型DVDレコーダー DXR170V

用意するもの

  • VHS・DVD一体型レコーダー
  • 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア

手順

  1. 再生用デッキにテープを入れ、録画用デッキにDVDを入れる
  2. テープを再生し、「録画」ボタンを押して録画する
  3. 再生が終了したら、「停止」する

これだけでとても簡単にダビングできます。モニタも必要ありません。

ビデオダビングする数が多ければ、VHS・DVD一体型レコーダーを買えばいいと思いますが、数本程度の場合はデッキのレンタルもあります。

ネットでレンタルできるショップ

DMMいろいろレンタル【デジタル化商品特集】
DMMいろいろレンタルでは、VHSビデオテープからのダビングのほか、書籍の電子化やカメラフィルムの電子化に使える機器をレンタルしています。

でんすけレンタル
でんすけレンタルでは、VHSやMiniDVからDVDにダビングできるデッキを数多くレンタルしています。

レンタルとアウトドアの店 グリーンヒナタ
グリーンヒナタでは、VHSからDVDにダビングできるデッキ(SHARPシャープ DV-ACV52 レコーダー)をレンタルしています。

3,ビデオテープからパソコンにデータ保存

映像はもっぱらパソコンで見るという方も多いのではないでしょうか。

各ビデオデッキからパソコンにデータを保存し、そこからDVDなどに焼く方法もあります。テレビや録画用デッキとの接続の手間が省け、ダビング(コピー)した後の編集もやりやすいので、きちんとした形で映像を残したい方にはおすすめです。

用意するもの

  • 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど
  • USB接続ビデオキャプチャー
  • パソコン
  • DVDドライブ、ブルーレイドライブなど(メディアに保存する場合)

再生デッキを用意する必要がありますが、データ編集のしやすいパソコンに直で取り込めるのが魅力のこの方法。

主役はこれです。

ビデオコード型の製品ですが、ソフトが付属しており、まずはパソコンにソフトをインストールします。1クリックなので非常に簡単。後は指示にしたがってケーブルを接続し、コピーするだけです。

DVDドライブを接続していれば、そのままダイレクトに焼けたり、付属のソフトで映像編集が簡単にできたり。テロップやメッセージ、BGM挿入などもできて、iPhone転送も可能。

かゆいところに手が届く設計で、使いやすくおすすめです。対応OSなどはこちらに詳しく載っています。

VHSビデオデッキ本体はこのあたりがよさげ。
OEN 再生専用ビデオカセットプレーヤー HVP-050

※GV-USB2の詳しい使い方を別記事にまとめました。こちらのページをご覧ください。
GV-USB2ビデオキャプチャでVHSからPCにダビングする手順

4,ビデオテープを送るだけのダビング代行サービス

一番ラクなのがこれ。

ビデオテープを送るだけで全部やってくれる代行サービスです。費用はかかりますが、自分でやることは申込みと梱包、発送だけです。

自力でのダビングは時間も手間もかかります。数が多くなってくると、休日を何日かつぶすことになるでしょう。それらをまるっと代行してくれるなら、多少の費用はかまわないという方におすすめです。

ネットで申し込んで箱に詰めて送るだけで、すべてデジタル化してくれます。

ネットから申し込めるダビングサービス

ビデオテープをDVDにダビングするならビクターダビングサービス
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)DVDにダビングサービス
ダビング専門店 ACTAS
【想い出ビデオDVDダビング工房】

複数の映像を1枚のDVDにまとめてくれたり、カビが生えたビデオテープのクリーニング、切れたテープでもOKなど、各社様々なサービスがついています。(オプション料金が必要です)

一度に大量に申し込んだり、納期にこだわらない申込みであれば、大幅ディスカウントしてくれるところもあります。

DVDなどのメディアを買いそろえたり、デッキをレンタルする手間や料金のことを考えると、一気に代行サービスに送ってしまった方が安上がりとも言えますね。

こちらのページにダビングサービス各社比較をまとめました。
ビデオテープからDVDへのダビングサービス各社比較

以上、ビデオテープからDVDにダビングする方法でした。

いつかやるやると思いながら、何年も放置している方。今やらなきゃ、また数年ほったらかしになります(笑
磁気テープが劣化してしまう前に、えいっとやっつけてしまいましょう!

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC
VHSレスポンシブPC

シェアする

フォローする