パソコンいらずのビデオキャプチャー アナ録はダビングがとにかく簡単

シェアする

gv-vcbox

アナ録 GV-VCBOXビデオキャプチャーBOXはアナログ映像をSDカードにダビングできるビデオキャプチャです。古いビデオテープをデジタル化したいけど、パソコンにつないで編集したりややこしいことはしたくない。という場合はこれです。パソコンもテレビも使わずに、かんたんなボタン操作でダビングができてしまいます。

以前、8ミリビデオやVHSなどのアナログ映像を自分でデータ化する場合、パソコンと接続してデータを取り込めるGV-USB2が便利だとご紹介しました。

GV-USB2ビデオキャプチャでVHSからPCにダビングする手順

ただ、パソコンやPC周辺機器(電子機器)と、テレビやビデオデッキに代表される家電は、生活スタイルとして分けている方もいると思います。PC関連は書斎や自分の部屋、家電はリビングといった具合に。

アナログ映像のデータ化作業は、家電から電子機器への移行を意味します。これらをつなぐのは物理的に制約がある、またはパソコンに接続するのはわかりにくいという場合に使えるのがアナ録・GV-VCBOXビデオキャプチャーBOXです。

とにかく簡単にダビングできるように作られていて、パソコンもテレビも不要で、VHSやHi8、miniDVなどの再生機さえあればOKです。アナ録単体でSDカードにコピーできます。

今回はアナ録・GV-VCBOXの利点や使い方についてご説明します。

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC

GV-VCBOXでできること

アナ録は、液晶モニタ、2つのSDカードスロット、録画・再生など操作ボタン、接続端子で成り立っている動画キャプチャーです。8mmビデオやminiDVのビデオカメラ本体と接続することで、再生したアナログ映像をモニタに映しながら、SDカードにダビングすることができます。

私が思うアナ録・GV-VCBOXビデオキャプチャーの最も優れた点は、パソコンもテレビもなしでダビングが可能であること。つまり、ダビング中にほかの作業を一切邪魔しないところだと思います。

以下にアナ録でできることをまとめてみます。

パソコンなしでダビングができること

やはりこれが一番優れた利点であると思います。再生機器さえあれば、テレビなどのモニタも不要でほとんどワンタッチに近い形の簡単操作でダビングができます。普段使いの家電やPCを使いませんので、「ながら作業」ができますね。

ダビングデータがMP4形式であること

アナログから変換して録画されたデータはMP4なので、そのままパソコンで再生でき、iPhone、Androidなどのスマホや、iPadなどのタブレット端末でも再生可能です。またYoutubeなどへのアップも簡単にできます。非常に扱いやすい形式と言えます。

SDカードでもUSBメモリでも保存できる

保存はSDカードが基本ですが、USBメモリや外付けハードディスクにも保存できます。SDカードの場合は32GB(SDHCカード)まで、HDDの場合は2Tまで対応しています。64GBなどのSDXCカードはダメということですね。

またFAT32形式で保存するため、4GBを超える動画はファイルが分割されます。再生時は綺麗につながりますし、PCに取り込めば編集して結合させることもできます。

ちなみにSDカードを新たに用意するのであれば、SDカードよりもmicroSDをおすすめします。たいていSDカード変換アダプタが付属していますので、SDカードとして利用することができます。コスパがよく無期限保証のTranscendがおすすめです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証)

アダプタから取り外してmicroSDとして使えば、Andoroidスマートフォンやタブレット端末にそのまま差し込むことができます。ご存じのとおりiPhoneやiPadのApple製品は、microSDスロットがありませんので、この方法は使えません。いったんPCやクラウドに保存する必要があります。Androidスマホをお持ちの方は、microSDスロット搭載機種であれば大丈夫です。

SDカードからSDカードへのコピーが簡単

SDカードスロットが2つありますので、パソコンを使わずにSDカードを複製することができます。普段SDカードをよく使う方なら、これはかなり便利ですね。デジカメの写真を人にあげるときなど、さっとコピーできます。

テレビにつないで再生できる

HDMI出力がついているので、ケーブルをつなげばテレビに映すことができます。手ぶれ補正再生機能が備わっていますので、機能をオンにすれば、ハンディカムで撮影したときにありがちな手ぶれを減らして見ることができます。

写真も再生できる

SDカードに入った写真をテレビで手軽に見ることができます。上記のとおりアナ録をHDMIケーブルでテレビとつないで、デジカメから取り出したSDカードをアナ録に入れればOK。再生すれば写真がテレビに表示されます。

カセットテープのデジタル化もできる

なにげに使えそうなのがこの機能。カセットテープが再生できるラジカセやコンポ、ウォークマンがあれば、アナ録と繋いでデジタル音声ファイルに変換することができます。データ形式はMP3です。

ビデオテープと同じくカセットテープも劣化していきます。音楽テープなどは新たに購入した方がいいと思いますが、自撮りのテープやラジオ音源などで残したいモノは、ダビングしておくといいかもしれませんね。

タイマー予約ができる

タイマー録画予約ができます。また毎日予約もできますので、決まった時間にラジオを録音するなどの使い方ができます。

ダビングの自動停止ができる

70分間、130分間、250分間、380分間の中から、ダビング時間を指定できる経過時間停止機能があります。また、映像が終わると信号を検知し、自動的にダビングを停止するシンクロ停止機能もあります。30秒間無信号だと録画が止まります。ダビング開始から終了までずっと見張っていなくてもいいので便利ですね。

アナ録・GV-VCBOXの使い方

接続の仕方と使い方は、IO DATAが用意している動画がわかりやすくて詳しいです。

この他に、取り扱い説明書もかなり詳しくできてますし、電話サポートもあります。IOデータさん、PCを使わない層の取り込みも本気っすね。

おすすめのSDカード、外付けHDD

アナ録・GV-VCBOXで使えるメディアや周辺機器のおすすめをご紹介します。

SDカード

先述しましたが、microSDカードの方がスマホやタブレットでも使えて便利です。Classによって転送スピードに違いがありますので、Class10を選んでください。さらにUHS-I(ウルトラハイスピード)対応と表記してある方が速いです。もうあまりClass4やClass6はないですが、よく確かめずに激安品に飛びつくと、書き込み速度の遅さにイライラさせられます。

外付けハードディスク

HDDはバッファローかIO-DATA製がなんだかんだ言って安定しています。酷評している人もいるのですが、製品の性質上どこの会社のハードディスクも壊れるときは壊れます。手に入れやすさ、サポート、コスパ、流通量などを考えると、この両社製から選んで問題ありません。

アナ録で使うのであれば2TBまでのものにしてください。それ以上の容量は公式ではサポートされていません。USB給電のポータブルタイプで大丈夫です。

ケーブル類

再生機器とアナ録を繋ぐコンポジットケーブル。

S端子出力があるなら、こちらのケーブルの方が高画質。映像用の黄色いコードがS端子ケーブルになっています。

テレビに出力するHDMIケーブル

アナ録は買いか

VHSや8ミリビデオなどのアナログビデオテープからのダビングが主目的であれば、自分でやるよりもダビングサービス業者に依頼してしまうのが一番です。業者さんによりますが、プロが再生時の状態調整もしてくれるので、失敗がありません。ビデオテープのカビや切断などのトラブルなども全部やってくれます。ダビング用に自宅に機器をいろいろ用意しても、どうせ一度しかやりませんしね。

ダビングサービス比較
ビクターダビングサービスへビデオダビングを依頼してみた

 

アナ録を使う場合のコストは、アナ録・GV-VCBOX本体、SDカードもしくは外付けHDD、コンポジットケーブル(赤白黄)、HDMIケーブル(テレビに映すなら)などです。再生機器がない場合はビデオデッキのコストもかかりますので、再生機器を新たに用意するくらいなら、ダビングサービスに依頼してしまった方が確実に安上がりです。
参考:ビクターダビングサービス料金表

再生機器がすでにある場合のコストは、アナ録本体、ケーブル、SDカードでだいたい2万円くらいになると思います。アナ録購入時に4GBのSDカードが1枚付属しています。ただ、1時間の映像で4GB弱くらいのデータになりますので、これは実質お試し用ですね。

別途SDカードを購入するなら、映像を1時間ずつ4GB1枚にダビングし、4GBのSDカードを大量買いしてアルバムのように整理するか、32GBのSDカードを用意して映像をまとめて保存するか考えます。ただ32GBを用意したとしても10時間程度の映像でいっぱいになります。手持ちのビデオテープの本数によって、このSDカードの追加コストを考えておく必要があります。

 

映像ダビング目的がメインではなく、カセットテープの音声データ化や、自宅リビングでテレビにデジカメ画像を映したりするのが主目的であれば、かなり手軽で便利な機械だと思います。また、ゲーム機器との接続もできますので、ゲーム動画を録画したい方にもおすすめです。パソコンを使わずにSDカードコピーができるという点も便利ですしね。これ一台でいろいろな用途に使えるのが魅力です。

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC
VHSレスポンシブPC

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です